煙が水蒸気という点では電子タバコも加熱式タバコも共通しています。
ニコチンの有り無しにより電子タバコと加熱式タバコにおける大きな違いの1つと言えます。

電子タバコってどんなもの? その使い方について

電子タバコは、別名「VAPE(ベイプ)」とも呼ばれ、タバコ葉を使用しない新たな嗜好品として近年注目を集めています。電子タバコは、人体に影響のない成分でできた「リキッド」という液体を蒸発させて風味のついた水蒸気を楽しむものですので、タバコ葉を使用しないのでニコチンが含まれておらず、依存性も身体への悪影響もありません。
電子タバコの構造を詳しく説明すると、電子タバコ本体には変霧器という「アトマイザー」と「バッテリー」、そして」カートリッジ」というパーツがあります。商品によっては、アトマイザーとバッテリーが合体して一つになっているのもあります。電子タバコは、吸うと煙に見立てた水蒸気が結構大量に出ます。むしろ普通のタバコの煙のように出るので、タバコを吸っている感を実感することができます。

水蒸気が発生するので見た目は本物のタバコのように感じられますが、燃焼時の煙が出ない分、一酸化炭素やタールを体内に吸い込む必要がありませんので、健康を損ねてしまうことがありません。

電子タバコの種類について

電子タバコには、リキッド補充式・カートリッジ式・使い捨て式の3つのタイプがあります。

フレーバーを楽しむリキッドタイプ

電子タバコで代表的なのがリキッドタイプになります。リキッドタイプは、本体にリキッドを入れ、アトマイザーと呼ばれる加熱装置で、香り付けされたリキッドを熱し、蒸気に変換して吸引します。リキッドタイプの特徴は、とにかく煙(水蒸気)の量が多いこと。

リキッドの成分は、どのメーカ品であっても基本的に同じものですので、互換性があり、電子タバコとリキッドは同じブランドでないと使用することができないという事はありませんので、自分でブランドを気にせず、気になったリキッドを試しましょう。

手軽に使えるカートリッジタイプ

カートリッジタイプは、リキッドの含まれたカートリッジを、バッテリーが入った本体に取り付けて吸うタイプになります。リキッドタイプと違って、カートリッジを取り換えるだけなので、手軽に吸うことができます。
カートリッジ式の電子タバコは初期費用も安く抑えられて、リキッド注入式よりも扱いやすいのが特徴です。

まずはお試し向きな、使い捨てタイプ

使い捨てタイプは、その名の通り、リキッドやを追加したり、カートリッジの交換ができず、吸い終わったらそのまま捨てるタイプの電子タバコですので、リーズナブルな価格で手軽に電子タバコを試すことができます。

充電や交換などを気にすることない反面、ランニングコストはかなり高めです。電子タバコのお試し的な形で使用するのに向いているタイプなので、面倒なことが苦手な方にはおすすめです。

加熱式タバコってってどんなもの? その使い方について

従来の紙巻きたばこのようにたばこ葉に直接火をつけるのではなくタバコ葉に熱を加えてニコチンを発生させる方式のたばこ。

加熱式タバコの特徴は何といってもタバコ葉を使用していること。加熱式タバコに使われる「ヒートスティック」と呼ばれるものでタバコ葉を電力で加熱し、気化させたニコチン蒸気を発生させる方式のタバコと言えます。

加熱して水蒸気を吸うというものなので、より通常のタバコに近い味わいです。タバコ葉を燃やすのではなく、あくまでも加熱することによって味を楽しむ事ができるため、一般的なタバコのように灰を落としてしまったり煙で周りの方にも不快な思いをさせてしまったりといったリスクを大幅に減らすことが可能で、タールを大幅にカットしつつニコチンを摂取できるのが特徴なので、従来のタバコの代替品として喫煙者の間で人気を
集めています。

加熱式のメリットは、タバコ葉を直接燃やさないので有害成分を削減できること。もちろん完全にカットしているわけではないので「健康にいい」ということは言えませんが、副流煙による迷惑もぐっと減るため、利用する人も増えています。