女子受け間違いなし、さり気なく香るメンズ用練り香水

香水といえば液体タイプが一般的ですが、通常の香水と同様の香料をオイルやワックスに香りを練りこんで固めたものを練り香水と言う。

ソリッドパフュームと呼ばれる練り香水は、一般的なスプレータイプの液体香水とはちがって、小さな缶容器にクリームやバーム(軟膏)の固形タイプ香水。

練り香水は、普通の香水よりも香りが爽やかな香りがでるので、男性にも人気に成りつつある香水です。

ほんのり香る練り香水の魅力とは

液体の香水はアルコールから作られているため、肌につけた瞬間にアルコール自体の強い香りが漂うが、揮発性の高いアルコール分が飛んで香料だけが長時間香る。

そのため、肌の弱い人の場合、アルコールで肌荒れを起こしやすい人や、肌が乾燥しやすい人は、使うことに注意が必要な場合がある。

その点、練り香水はアルコールを使っていないことと、比較的肌にやさしい配合成分で軟膏状に固められていることも多く、肌トラブルを経験した人も、練り香水なら問題なく使えるかもしれません。

 

練り香水はつけた瞬間から穏やかに香る

練り香水は香りの持続は長いですが、アルコールが使われていないためトップノート、ミドルノート、ラストノートまでの変化が穏やかで、ほんのり自然に香らせることができる。

固形のため持ち歩きもしやすく、香り方が柔らかですし、液体タイプの香水のようにうっかりつけ過ぎてしまうこともなく、肌に塗る以外にも活用できるので、香水初心者の方にもおすすめです。

 

メンズ向けの練り香水

メンズ向けの練り香水は、男性がつけても不自然にならない柑橘系やムスク系の香りがベースになっています。

体温によって香り方が変わってくるので、血液がたくさん集まる場所の手首、首の後ろ、などにつけると香りが広がりやすいのでおすすめ。ほかにも毛先に伸ばせばヘアコロン代わりにもなり風でなびいた時に香らせることができます。

香りが苦手な男性には足首の箇所に練り香水をつけると爽やかにほのかな香りになるのでおすすめです。

練り香水は量の調節がしやすいので最初は控えめな量から始めるのがコツで、香りを長持ちさせるおすすめの付け方は、数時間ごとに少量を付け直す付け方が良いと考えられています。

 

微香性ムスクの香りが評判な練り香水のボディセンス

ソシアがお届けする、練り香水「ボディセンス」

ボディセンスは、人工でも天然でもないあなた自身の性フェロモンを高める目的で開発された爽やかな香りの練り香水

微香性でムスク系のほんのり香るのでボディフレグランスのようにしつこくない。

簡単に言うと、ボディセンスをつけることにより自分自身のフェロモンを高め、異性の野性的な感覚にアピールしていることが女性からも支持される香りとなっている。

よくあるフェロモン的な香水ではないので普段使いにも使えるのも魅力の一つ。通りすがりにフワッと香る程度のキツすぎない絶妙なバランスです。

男のブースター香水「ボディセンス」

SNSでもご購読できます。