YUHAKUの幻想的な美しい手染めYEV191三つ折り財布

国産ブランドでありながら、ハイブランドと比べても遜色のない細部の仕上げが施されていて、その独特の色ムラが好評のYUHAKU(ユハク)の財布。

手染めによる圧倒的にして唯一無二の染色力とシンプルで使いやすいデザインで、他のブランドとは一線を画すオリジナルの財布を生み出しています。

コンパクトなサイズ感ゆえ、長財布や二つ折り財布に比べると収納力は劣るかもしれませんが、小型でかさばらない三つ折り財布が改めて注目されています。

YEV191 三つ折りコンパクトウォレット

YUHAKUの財布と言えば、長財布系のラウンドファスナーが人気を占めていますが、コンパクトな財布も支持を集めています。

YUHAKUを代表する「Veratula -ヴェラトゥーラ-」の派生となる「Evo -エヴォ-」

流れる川に光が反射する瞬間を切り取ったような悠然さと上品な艶があり、他ブランドにはない絶妙な配色に仕上がった財布。

ポケットにすんなり収まるコンパクトな三つ折り財布は、4枚のカードが収納可能。札入れと笹マチタイプのコインポケットを備える。

使用している革はイタリア産の牛革カーフスキン(ベビーカーフ)とキップスキン。
さらにカーフスキンの中でも更に希少な生後3ヶ月以内のベビースキンを使用している。

色で魅せるレザーブランド【yuhaku(ユハク)】

絵画的で透明感のある染色を楽しめるのがユハクの最大の特徴

ベラトゥーラ技法を用いて、牛革をまるで絵画のような色合いに染め上げるのがYUHAKUの大きな特徴。

染料は透明感があり、革に直接染み込ませているので下の牛革の表情を生かしています。革に直接光が届くので、本来の革の色のベージュに反射して見え方が変化し、太陽光によって経年変化を起こして味わい深い財布へと変化していきます。

グレージング仕上げとは、革の銀面に平滑性と光沢を付与することを目的に、めのう、ガラス、金属のローラーによって強い圧力を加えながら革の表面につるつるとした滑らかさと光沢を与える仕上げの手法。

グレージングは、染料やコーティング剤などを一切使わず、こすることで光らせていきます。

三つ折りタイプの財布には、長財布タイプの三つ折り財布、二つ折りの財布の止めを折れる形にして三つ折りにしているものなど様々な形状がありそれぞれに特徴があります。

紙幣を入れた財布が三つ折りにたためるため、小さなバッグやポケットへの収納も楽々です。小さくなった財布は場所を取らない分、容量がそれほどありませんので、常に紙幣や小銭を持ち歩く方にとっては使い勝手が良いとはいえません。

ですが、三つ折りタイプの財布の魅力はなんといってもそのコンパクトさです。コンパクトであれば手にも収まるため、持ち運びも便利。コンパクトで持ち運びしやすい点は大きなメリットになる。

ユハクは上質さと使いやすさを意識して作られた様々な財布を取り揃えています。

ブランドにこだわりはないが、とにかく上質な財布を持ちたい。という男性にはオススメな財布と言える。

色で魅せるレザーブランド【yuhaku】

SNSでもご購読できます。