ファッションウェア

真夏でも着たいヘビーウェイトTシャツの魅力って何だ?

 

暑くなる季節にピッタリなウエアと言えばTシャツ。サラッと着て出かけたい男性にとってインナーとしてはもちろん、1枚でもサッと着れて夏場はヘビロテ間違いなし。

ここ数年、夏のマストアイテムとして見た目がラフになりすぎず、厚手の生地に丈夫で且つ透けないことから人気なのがヘビーウェイトTシャツです。

続きを読む

13色のカラバリとタフな素材感が魅力のカーハートTシャツ

 

アメリカを代表する3大ワークブランドのひとつ、通称「Cロゴ」をブランド・ロゴとしている120年以上の歴史を持つワークウェアブランドのCARHARTT(カーハート)。

ワーク系ファッションというカテゴリを作り出したともいわれている、今なお老若男女問わずアメカジファンに親しまれています。

続きを読む

薄手で軽く羽織れるナイロンジャケットが1着あると便利です

 

メンズナイロンジャケットは一般的に、ナイロン製のマウンテンパーカーやコーチジャケットの事を差し、最近では普段着としても着られるデザインのものや、伸縮、軽さなど、着心地のいいものが出回っています。

軽量で羽織りやすく、さまざまなスタイルに馴染みやすいナイロンジャケットは、着回し力が高いのはもちろん、スポーツスタイルに馴染みがない人でも取り入れやすいはず。

続きを読む

コーデ次第で着回し力抜群なメンズのチェックシャツについて

 

ファッションの定番でもあるチェックシャツの着こなしは難しくなく、コーディネートに取り入れやすい反面、気をつけないとオタク着になってしまいがちになるアイテム。

ひとくちにチェックシャツと言っても多種多彩に種類があり、柄や色、ブロックの大きさで印象は全く変わります。

続きを読む

シルエットで差をつけるならタートルネックニットを着こなす

 

亀が甲羅から首を出す様子に似ていることから、タートルネックと呼ばれた、筒状の襟を折り返して着るニット。

タートルネックとは主にアメリカで使われている言葉で、イギリスではポロネック、フランスではコル・シュミネと呼ばれ、日本では日本酒を入れる徳利に似ているので、年配者からトックリと呼ばれていたりしています。

続きを読む

着るほど愛着がわくヴィンテージ感満載のオイルドジャケット

 

生地の表面に油を塗り込み、表面に光沢や防水性や保温性をもたせた頑丈なジャケットのオイルドジャケットは、ワックスジャケットとも呼ばれている。

着ている間にオイルが抜けてしまったり汚れを含んだオイル自体がビンテージな風合いになるので、ジャケット全体の経年劣化を楽しむことができます。

続きを読む

立体的な編み目が美しいフィッシャーマンニットの魅力とは?

 

秋冬ファッションの定番に取り入れたいアイテムとして、縄目、ひし形などの独特な模様編みが特徴的な、編み目のケーブル編みで編んだセーターのフィッシャーマンニット(ケーブルニット)があります。

ざっくりとした縄目模様のローゲージニットであることが大きな特徴の、温かみのある雰囲気に秋冬の着こなしにもピッタリなケーブルニットの代表格です。

続きを読む

フーディーパーカーをかっこよく着こなすメンズが増えてます

 

フーディーパーカーの基本型と言えば、前にジップがついていないスポッと被るタイプのプルオーバーパーカーをイメージする人が多い、カジュアルな普段着として一年中着回し出来るマストアイテム。

このパーカーとは本来アラスカ原住民のイヌイットが着ていたフード付きの防寒着を参考にして作られたもので、日本では一般的にフーディーもパーカーも使い分けずに同じ意味を持っています。

続きを読む

バスクシャツはマリンテイスト感あるフレンチカジュアル

 

白とネイビーの配色のがメインの、海を感じさせるボーダー柄な厚手の綿Tシャツのバスクシャツは、別名ボートネックとも呼ばれる、フランス生まれのカットソー。

見た目から爽やかな印象を持たせることができるボーダーのカットソーは春夏には最適なアイテムです。

続きを読む