トップス

真夏でも着たいヘビーウェイトTシャツの魅力って何だ?

 

暑くなる季節にピッタリなウエアと言えばTシャツ。サラッと着て出かけたい男性にとってインナーとしてはもちろん、1枚でもサッと着れて夏場はヘビロテ間違いなし。

ここ数年、夏のマストアイテムとして見た目がラフになりすぎず、厚手の生地に丈夫で且つ透けないことから人気なのがヘビーウェイトTシャツです。

続きを読む

13色のカラバリとタフな素材感が魅力のカーハートTシャツ

 

アメリカを代表する3大ワークブランドのひとつ、通称「Cロゴ」をブランド・ロゴとしている120年以上の歴史を持つワークウェアブランドのCARHARTT(カーハート)。

ワーク系ファッションというカテゴリを作り出したともいわれている、今なお老若男女問わずアメカジファンに親しまれています。

続きを読む

コーデ次第で着回し力抜群なメンズのチェックシャツについて

 

ファッションの定番でもあるチェックシャツの着こなしは難しくなく、コーディネートに取り入れやすい反面、気をつけないとオタク着になってしまいがちになるアイテム。

ひとくちにチェックシャツと言っても多種多彩に種類があり、柄や色、ブロックの大きさで印象は全く変わります。

続きを読む

フーディーパーカーをかっこよく着こなすメンズが増えてます

 

フーディーパーカーの基本型と言えば、前にジップがついていないスポッと被るタイプのプルオーバーパーカーをイメージする人が多い、カジュアルな普段着として一年中着回し出来るマストアイテム。

このパーカーとは本来アラスカ原住民のイヌイットが着ていたフード付きの防寒着を参考にして作られたもので、日本では一般的にフーディーもパーカーも使い分けずに同じ意味を持っています。

続きを読む

バスクシャツはマリンテイスト感あるフレンチカジュアル

 

白とネイビーの配色のがメインの、海を感じさせるボーダー柄な厚手の綿Tシャツのバスクシャツは、別名ボートネックとも呼ばれる、フランス生まれのカットソー。

見た目から爽やかな印象を持たせることができるボーダーのカットソーは春夏には最適なアイテムです。

続きを読む

カーディガンは季節の変わり目に活躍するマストアイテム

 

ボタンで留める前開きの簡易なジャケットタイプのものをカーディガンと言い、特に体温調整が難しい季節の変わり目に何を着たらいいのか迷う時にもピッタリですね。

また、季節ごとにあった素材を選ぶことでシーズンを問わず大活躍してくれるので、春秋のアウターとしてはもちろん、オンでもオフでも使うことができる、手軽にコーディネートに採り入れられる便利なアイテムです。

続きを読む

ふわっと軽量、爽やかな着心地の綿麻ストレッチ七分袖シャツ

 

暑い季節に着心地も見た目も軽やかなコーディネートにしたいなら、夏の素材の代名詞と言いえる通気性の良い、綿麻(コットンリネン)素材などのシャツがおすすめ。

綿麻は薄く通気性の良い涼しい素材なので、気温の高い日に七分袖を着ても比較的涼しく快適に着れるので、初夏からのシャツスタイルを作るなら、綿麻シャツを選ばない手はありません。

続きを読む

襟の自然な立ち上がりでカッコ良さが増すスキッパーポロシャツ

 

Tシャツやカットソーの様なシンプルカジュアルになりがちな夏の着こなしだと少し物足りない時にポロシャツなら少しカッチリとしたシーンにも使えます。

ポロでもスキッパーシャツなら、通常のシャツよりもラフな印象になりやすく、それでいて上品さも兼ね備えているのが特徴です。

続きを読む