メンズブーツ

リラックスしたい休日に快適なクラークスのデザートブーツ

1825年に設立されたイギリスの老舗ブーツブランドのClarks(クラークス)は、イギリスで知らない人はいないと言われるカジュアルシューズの世界的ブランドにまで成長。

多くのブランドからリリースされているデザートブーツですが、そのルーツはクラークスと言われていて、コストパフォーマンス的にもハイブランドと遜色のない最高の履き心地を実現しているブランドです。

続きを読む

密かにメンズにも人気なのがムートンブーツのUGG(アグ)

 

南カリフォルニア発フットウェアブランドのUGG(アグ)は、一度使うとクセになる履き心地と保温性にも優れているムートンブーツの定番ブランド。

羊の毛皮という意味を持ち、フランス語でムートン、英語だとシープスキンと呼ぶ、ここ数年で冬ファッションの定番として定着したのがムートンブーツ。

続きを読む

カナダ発の本格派スノーブーツブランドのSOREL(ソレル)

クールなデザインのシロクマのロゴマークが目印でもある、1962年に誕生した半世紀以上の歴史を持つウインターブーツの原型を確立したカナダ発のブランドSOREL(ソレル)。

最もラグジュアリーなブランドとして、「暖かく、ドライで、快適」をコンセプトとしたフットウェアの提供を目指している老舗ブランドです。

続きを読む

履きつぶしたいと思えるほどカッコイイ!ダナーのブーツ

 

アメリカのウイスコンシン州チペワフィールズで1932年に労働者用のワークブーツ製造で創業した老舗ブーツブランドのDANNER(ダナー)。

創業当時より「可能な限りの、最高の靴を作る」というコンセプトを元に、これまでも創業当時より守りつづけているブランドです。

続きを読む

アメカジスタイルにビシっとハマるチペワのワークブーツ

ワークブーツブランドとしてはもっとも歴史をもったメーカーの一つ、1901年にアメリカのウィスコンシン州で創業した、アメリカ老舗のブーツブランドCHIPPEWA(チペワ)。

木を伐採する労働者の足を保護する頑丈な安全靴として使えるブーツを作ったのがチペワの耐久性に優れたブーツの作りの始まりとなっています。

続きを読む

革の味わいが最高にカッコいい!レッドウイングのワークブーツ

 

赤い羽根がロゴマークとしてお馴染みの、1905年にアメリカ・ミネソタ州にあるレッドウイングで創業した、110年以上の歴史を持つワークブーツの代表的ブランドなRED WING(レッドウィング)。

現在もUSメイドなクオリティが高い、履き込むほどに味わいを楽しめるワークブーツが特徴の、ファッション好きなら誰もが知る世界を代表するブランドになりました。

続きを読む

弾むような履き心地が魅力的なドクターマーチンの定番ブーツ

 

英国発のブーツブランドDoctor Martens(ドクターマーチン)は、1945年に創業者のクラウス・マーチンがDr.Martens sole(ドクター・マーチン・ソール)を開発したことがブランドのはじまり。

現在でも耐久性があり履きやすいワークブーツが若者を中心にデザインや履き心地が話題となり、おしゃれメンズファッションの1つとしても人気を得るようになっている。

続きを読む

井浦 新のエルネスxKEENがコラボ防水ウィンターブーツ

 

俳優として活躍する他に、もともとファッションモデルとして活躍していた井浦 新氏のもう一つの顔が、アパレルブランドのELNEST CREATIVE ACTIVITY(エルネストクリエイティブアクティビティ)のディレクターを務めるなど多岐に渡る。

ブランドコンセプトに旅を通して自然と街を結ぶというテーマをもち、伝統的な技術や知恵を伝承し、日本の伝統工芸品とのコラボレートを積極的に展開することで新しい価値を創造しています。

続きを読む