メンズ財布

印象的なカラフルジッパーがお洒落なのがソラチナの革財布

 

2006年に立ち上げられた新興ファッションブランドの SOLATINA(ソラチナ)は、遊び心を持つ一味違った財布を発信するというコンセプトの元に、財布やバッグをメインに製作しているブランド。

歴史としてはあまり長くなく、知名度もそれほど高くはありませんが、ファッションに敏感な人たちから注目を集めていて、今後ブレイクが期待されています。

続きを読む

薄くてコンパクトな財布を探しているならアスメデルがおすすめ

東京は葛飾にて2003年に創設された、革製小物を製作している(株)エリナのオリジナルブランドであるASUMEDERU(アスメデル)。

アイテムには主にハンドメイドで革小物を作っており、使う人の立場からデザイン・機能・品質を追求したバッグや財布を中心のレザーアイテムを展開。そんなアスメデルの財布について紹介します。

続きを読む

チマブエは独特な風合いの漆塗りを革財布へ展開しているブランド

 

1973年創業のバッグや財布、その他、服飾関連商品の企画・製造・卸販売を手掛ける(株)コランドのオリジナルブランドであるCIMABUE graceful(チマブエ グレースフル)。

個性的なデザインのレザーアイテムから、ビジネスにも使えるシンプルなレザーアイテムまで幅広いアイテムを展開。妥協のない素材選びや、こだわり抜かれた制作方法で、質の良い製品が数多く作られています。

続きを読む

アヤメアンティーコの革財布は無駄のないアンティーク感がいい

 

 

2014年6月に販売サイトをオープンした、本場イタリアの高級革の使用にこだわる茨城発のAYAME ANTICO(アヤメアンティーコ)。

創業者である菖蒲智氏が国内で十分な実績を挙げた上に、イタリアのフィレンツェで革製品の技術を学んだ経験をもとに立ち上げた新進気鋭のブランドで、今回、そんなアヤメアンティーコについて紹介します。

続きを読む

レザーの染めが程よい色気を漂わせるキーファーノイの革財布

名古屋に本社を置く、創業70年の歴史を有するカバンの卸会社である(株)マツモトが2006年に創立したプライベートブランドのKiefer neu(キーファー ノイ)。

ファッション&ライフスタイルを常に意識した普遍性を貫くのではなく、あえて積極的に「流行」「トレンド」を取り入れ、美を決して削ぎ落とさないということを掲げている独自のポジションを築いているブランドです。

続きを読む

使い勝手の良いデザインが好評なCORBOの革財布

イタリア語でカラスを意味するCORVOをもじった、1998年に創業した渋谷神宮前に工房を構えているレザーブランドのCORBO(コルボ)。

オーソドックスなデザインで、ビジネス向きの財布もありますが、ジーンズや、ジャケットに似合いそうな、カジュアルで、かつキレイ目という雰囲気の財布が中心のブランドです。

続きを読む

自分好みに合わせてオーダーできるJOGGOの革財布

 

(株)ボーダレスジャパンにて2014年に設立されたばかりの新進気鋭のブランドであるJOGGO(ジョッゴ)は、自分だけのオリジナル革小物を、オンライン注文できるサイト。

一般知名度はまだまだ低めのブランドと言えますが、リーズナブルで高品質のオーダーメイド財布を作れるショップとして年々人気が集まっています。

続きを読む

手軽に本革財布を手に入れられるラファエロの魅力

 

財布を始めとした、バッグなどの革製品を扱うレザーブランドのRaffaello(ラファエロ)。

2014年に設立と、立ち上がってから比較的新しいながら、某ECショップでも使い勝手の良い財布として非常にレビュー数・評価数が多いブランドとして知られています。

続きを読む

コスパに優れているメンズ財布ならタケオキクチがおすすめ!

 

1984年に創業者である名デザイナーの菊池武夫氏が、自身の名を冠したブランドを設立したTAKEO KIKUCHI(タケオキクチ)は、確かな品質をもとに様々なライフスタイルに合わせた無難で使いやすい財布が豊富なのが特徴。

どんなシーンでも使えて少しファッションテイストがあるものが欲しい方にはおすすめのブランドです。

続きを読む

ダコタの財布は、革の質が柔らかいところが最大の魅力

東京都台東区浅草橋で、アパレル・装飾品を取り扱う、創業80年を迎える老舗メーカーのプリンセストラヤが展開するオリジナルブランドのDakota(ダコタ)。

アイテムにはレザーや麻などの天然素材の自然な風合いと感触を活かしていて、本物だけが持つ質感を大事にしていて、普段使いでも愛着が湧くようなカジュアルアイテムを製作している。

続きを読む