小銭入れの使い勝手が最高に抜群な アニアリの二つ折り財布

普段カバンを持ち歩かずにパンツのポケットに入れて気軽に持ち歩ける携帯性の良さから、ものに溢れたスタイルよりも、スマホと持ち歩けるコンパクトな二つ折り財布が重宝している方も多いはず。

二つ折り財布を使用している方の共通していることは、レシートを溜めていなかったり、カード類は最小限だけなど、財布の中がスッキリしていること。

特にカジュアルな服装をする尻ポケット派には不動の人気なのが二つ折り財布。

コンパクトで収納力も抜群なアニアリの二つ折り財布

aniary(アニアリ)は、誕生してから20年経過した徹底して純国産品、メイドインジャパンにこだわっていて、20代以上からオシャレブランドとして認知されている、純国産の良質なブランドです。

シンプルなつくりが洗練されたレザーの表情を、より印象深いものにしている。

オーソドックスながらキメの細かさは、日本産のブランドならではといったところ。

 

アニアリ 二つ折り財布 16-20000

使いたいカードも素早く見つかる見開き。札入れには仕切りを設け、種別管理もでき、隠れたポケットは大切なカードの収納に便利です。

財布は内側に6枚、隠しポケットに2枚、計8枚のカードを収納することができ、小銭入れは外側に付いていて、視認性に優れていて取り出しやすい平面収納タイプです。

通常内側に配置するコインの収納部分が財布の背面にあるので、この部分に小銭入れがあると、小銭だけの支払時でも小銭をすぐに出せます。

ポップアップで開くボックス型にすることで小銭が見やすく、取り出ししやすい作りになっています。

小銭がいっぱいでも外側のコイン室だとそのリスクを減らせて型崩れしにくくなっている。

aniary 16-20000

光のあたる海面を感じさせるWave Leather

型押しされた波模様のレザーと、光の反射によって生みだされる雰囲気は、海外ハイブランドを想起させるほど上品。

染色工程を経てから、しなやかな革にするためにオイルをしっかり浸透させます。その後、波をイメージした型押しを施すことでしっかりとしたハリ感が備わった仕上がりに。

ポイントはワックスとアイロン工程によるツヤ出し加工で、波をイメージし、凹凸感ある型押しをあしらっていて、ハリ・コシの備わる革ですので、より型くずれしにくいので、数あるアニアリのオリジナルレザーの中でも、とくに高級感があります。光沢感のあるレザーが好みの方に人気です。

 

アニアリ 二つ折り財布 15-20000

アニアリ独自で開発した、陰影のある色のトーンとワイルドな表情を引きだしているグラインドレザーシリーズの二つ折財布。

小銭入れを外側に配した仕様。カードポケットが6、札入れ2、ポケット4、出し入れのしやすい小銭入れを装備。札入れに2箇所の隠しポケットがある。

細かなメタルパーツなどにもaniaryのロゴがあしらわれています。かなりおしゃれに仕上がっています。

軽くて丈夫、そして使いやすいという機能美はもちろん、膨大な試行錯誤の末に生まれた素材の美しさが際立っています。

aniary 15-20000

 

革らしい風合いが人気のGrind Leather

このレザーの持ち味は、陰影のある独特の風合いが特徴のシュリンクレザーであること。
シュリンクレザーは薬品をしみ込ませて革を縮ませたもので、シボ感(しわ)が強調されてワイルド感が出ます。ソフトレザーなどに比べると、革自体がしっかりと固いので、傷がつきにくく、ひっかき傷がつくことも少なくなります。

毎日使うものだからこそ、シュリンクレザーは財布にもオススメの素材です。

 

二つ折り財布はコンパクトだからこそ収納力が劣るデメリットがありますが、長財布と比べると小銭の量が限られるので、その分会計時に出しやすくなります。

 

また、二つ折り財布を持つ事で、無駄なポイントカードを作らなくなったり、普段使うクレジットカードを1つにまとめたりと、身の周りもスッキリできること。

そして何よりコンパクトで持ち運びやすいところが最大のメリットと言えます。

aniary(アニアリ)

SNSでもご購読できます。