KAIHARA「茶綿デニム」ジーンズ

日本が誇る世界屈指のデニム生地メーカー、カイハラ。圧倒的な国内シェアを誇り、数々の海外のハイブランドのデニム生地を手がけていることでも知られている。

「カイハラ茶綿デニムプロジェクト」から、ついに究極のヴィンテージ・ジーンズが登場。かつて使われていた「茶綿デニム」をカイハラが世界に誇る独自技術で開発しました。

履き込むほどに見えてくる、素材本来の良さ

カイハラの特徴は、デニム生地を織るだけでなく、生地に関わる全ての工程=糸の紡績(綿花から糸を紡ぐ)・染め・織りを自社だけで完結できる、「デニムの一貫生産体制」を持っていることが特徴で、これが出来るのは国内でカイハラだけであり、世界でも稀な存在です。

そんなカイハラは今「茶綿」を使ったデニム生地の開発に力を入れており、その茶綿デニムの可能性を伝えるべく、カイハラブランドの「オリジナルジーンズ」をこの度リリースするそうです。

➡ カイハラ究極の生地「茶綿デニム」の詳細はこちら

 

そんなカイハラの茶綿を使って作り上げたのが今回のデニム。現代では白綿を使ったデニムが一般的ですが、かつては色が入った茶綿を使っていました。

この茶綿の特徴は、昔のデニム生地に使われていたことから、ヴィンテージジーンズのような色落ちが得られること。生デニムの状態から履き続けることで、徐々に茶色がかった色が顔を覗かせます。経年変化により、次第に自分だけのデニムになっていく様子を楽しめるはずです。

➡ カイハラ究極の生地「茶綿デニム」の詳細はこちら

 

茶綿デニムがヴィンテージ感のある色合いと色落ちを目指したのに対して、白綿デニムはリジッドの状態ではジャケットスタイルにもフィットするクリーンで大人っぽい雰囲気を狙っています。

KAIHARA「茶綿デニム」ジーンズの詳細はこちら

SNSでもご購読できます。