素早く取り出せるHUKUROの究極サイフが超便利!

2010年に大阪は北堀江に設立された、革小物の製造・販売を行うJACAJACAのオリジナルブランドのHUKURO(フクロウ)。

全てのアイテムにはフクロウのロゴが刻印されており、ブランド名には「不苦労・福路」という縁起のいい意味があるそうです。

本当に使いやすいモノをブランドコンセプトに「シンプルだからずっと使える」をテーマに掲げた、機能美を追求したモノづくりに取り組み、日本最高峰とも言われている栃木レザーを使用して熟練の職人たちが製作しています。

ワンアクションで出し入れできるHUKUROの究極サイフ

特に根拠のある話ではありませんが、”春=張る(お財布が張る)”という語呂合わせから、春に財布を買うと金運を呼び込み縁起が良いと言われているのが春財布

「春財布」は毎年雑誌や新聞で特集も組まれるほどで、「春に購入した」、「春に使い始めた」という点が金運上昇の願掛けの意味合いを込めています。

そういう事から心機一転に新しく何かを始めたい時や新年度に合わせて財布を買い換えるのは良いと思います。

キャッシュレス化が進んできた昨今、必要最低限の現金とカードさえ有れば普段の買い物にも問題ない人が増えてきています。

また、長財布は大容量だけど、かさばるのでそろそろ卒業したいが、使い勝手を落としたくない人もいるかもしれません。
そんな人におすすめなのが、従来の財布よりも大幅に薄いのに十分な収納力があり、かつスマートにワンアクションでダイレクトにアクセスできる。そんな薄い財布なのがHUKUROの究極サイフです。

 

大きく開く小さな究極サイフ

この財布はあえて仕切りをなくすことで財布事態の厚みを抑えています。

小さい財布はカードを仕切りに1枚ずつ入れるため入る枚数は少なく、財布の向きを縦にしたり横にしたり、フタを開けてコインを取り出したりと、小さいだけに制限が多く、出し入れには不便さがあります。

これらを解消すべく、使う時は大きく開いて出し入れしやすく、閉じると小さくなって鞄に入れてもかさばらないように設計。

ファスナーを一カ所開けるだけで4つのポケットが大きく開き、紙幣・小銭・カード類・レシートなどを一気に見渡すことができる設計になっており、仕切りの多さで厚みが出ないよう底に縫い目の無い構造だからカードが底までしっかり入ってスッキリ収納できます。

多くの試作を重ね、見た目では分からない幾つものアイディアと技術で実現できた、誰でも、どんな持ち方をしても使いやすい財布です。

ただし、お札は財布の構造上、折って収納する必要があるため、お札を折るのに抵抗がある人には向いていないかもしれません。

 

左利きにも対応のシンメトリー仕様

普段、それほど気にしたことは有りませんが、財布にも利き手用があり、ラウンドファスナータイプの場合、ファスナーを開ける時、右利き用なら左から右にファスナーが開くようにできています。

一般的には多くの財布は右利きが使いやすいようにできているのが主流で、左利きには使いづらいんです。その点HUKUROの財布なら、右手持ちと左手持ちが選べるシンメトリー仕様のため、利き手や持ち方、使う人を選びません。

 

国産最高峰の栃木レザー

国内だけでなく、海外でも注目されている栃木レザーは、化学薬品を一切使わず、ミモザの樹皮から抽出されるタンニンを用い、世界的にも希少な「タンニン鞣し」というこだわりの製法からつくられたヌメ革を指します。

ヌメ革は、植物性のタンニンを使って原皮をなめし、表面加工をほとんどせずに仕上げたもので、一般的には牛革です。
原皮の状態から3か月以上かけ、20以上の工程を経て、耐久性のある美しい質の高い革に生まれ変わります。

使うほどに味わいが増す栃木レザーはエイジング(経年変化)の楽しみが醍醐味。国産なことで比較的安価ながらも、決して海外製タンナーにも劣らない品質です。

 

HUKURO 長財布 milelu

仕切りがないからざっくり入る、抜群の収納力に加えてストレスフリーの整理力を備えたL字ファスナー長財布。

カード収納部はホルダーではなく、仕切りを無くしてカードを縦に収めるワンスペースを採用した斬新な仕様。

また、コインスペースに蓋もしていないので、ファスナーを開ければ全て見える、まさに時短設計な仕組みになっています。

収納部が重ならないから大量に入れてもカードとコインが干渉し合うことなく、財布の膨らみでカードを痛める心配もありません。

HUKURO 長財布 milelu

 

HUKURO ショートJITAN

 

クラウドファンディングにより名を知られるようになった、名前のとおりワンアクションで中身が取り出せるJITAN。

上質なレザーを使用し、中央に刻印を入れたデザインがおしゃれな財布。とてもコンパクトですが中身はたくさん入り、ワンアクションでお札・小銭・カードのどれもがサッと取り出せるつくりになっています。

使い勝手を考えたレイアウト構造で、中身を何も入れない状態でのJITANのマチは約0.6cm。
カード13枚、お札10枚、コイン15枚。見た目の小ささと薄いのに収納も抜群です。

HUKURO ショートJITAN

SNSでもご購読できます。