薄い財布が欲しいならアブラサスの二つ折り財布がおすすめ!

 

普段からなるだけ手ぶらで出歩るくのが基本スタイルなら、薄い財布がおすすめです。

薄さと機能性を追求した、緻密な設計によってコンパクトさを実現している、日本最薄の財布と言えるのがabrAsus(アブラサス)です 。

某ECサイトでも常に販売ランキングの上位に位置していることで、さまざまなメディアに掲載されており、シンプルライフを好む人々を中心に高い注目を集めています。

後ろポケットに入れても窮屈しないのがアブラサスの財布

ブランド創業者の自分が本当に欲しいと思えるかどうかを基準に、本来財布は薄くあるべきだという想いが具現化したのが、アブサラスの世界一の薄さを目指した二つ折り財布

基本的にアブラサスでリリースされているの薄い財布や小さい財布には、本当に必要最小限の収納機能のみしか備えられていません。

ブランド名のアブラサスとはラテン語で「削り取る」の意味。本当に必要なものは必要とし、犠牲にするところは犠牲にするというコンセプトの基に、デザインを心掛けています。

以前、メンズ用の薄い財布としてカルトラーレを紹介しましたが、アブラサスの薄い財布は、何も入れていない状態で厚さ7mm、中身を収納した状態で約1.3cmという薄さを実現しています。

ハンモック構造でコインが取りやすいカルトラーレの財布

 

とにかく薄いのに意外な収納力があるアブラサス

長財布の場合、後ろポケットに入れて歩くのは見た目が悪いのと、セキュリティ面からも不安があります。

また、二つ折り財布だと厚みがあるのでポケットが膨れて同じく見た目が良くないのと、座るときにも邪魔ですが、その点、薄い財布だと後ろポケットにしまっても邪魔になりません。

 

お札を入れる仕切りが広く、右側がガバッと開くため、数えやすく、取り出しやすいのと、見た目からは想像できない収納力がある。

 

アブラサスで使用している革について

エンボスレザー

ベーシックモデルには、エンボス加工した国産の天然牛革を贅沢に使用。エンボスレザーとは牛皮をなめした後に表面に模様を型押し加工したもので、高圧プレスして凹凸処理しているので立体感があり、傷や汚れを目立ちにくいという特徴があります。

 

ガラスレザー

classicエディションには光沢感に満ちたガラスレザーを使用。ガラスレザーは牛革をガラスや板に貼りつけ乾燥させ、合成樹脂で仕上げた革のこと。

仕上げで表面を削ることによって、皮に元々あった傷や汚れを目立たなくさせることができるため、耐水性と艶やかさをまとうことができます。

 

ブッテーロレザーエディション

ブッテーロとはイタリアのトスカーナ地方で作られているステアという成牛のショルダー部の中で、硬い部分をのみを使い、丁寧に何度もタンニンなめしを繰り返した最高級ヌメ革のこと。

100%植物タンニンでなめされたヌメ革は密度が高く、薄くても粘りやハリが強いのが特徴のひとつです。
またイタリアの染色技術で色付けされているため綺麗な色が出ていること。そしてカラーが多いのも1つの特徴です。

経年変化も非常に綺麗で上品な革で、植物による染色で落ち着いた色合いに変わり、エイジングを楽しめます。

また、ブッテローは革自体がオイルを含んでおり、毎日使うたびに手に触れ、体温で革内部に含まれているオイルが自然に染み出してくるのと、使うたびに手に馴染んでいくという特徴があります。

 

アブラサスの使い勝手感について

薄い財布はある意味、使い手を選ぶ財布とも言えるため、メリット、デメリット賛否両論あります。

 

薄い財布のメリット

使い心地に慣れてくると、その携帯性の高さや極薄ならではの使用感に満足する声が多いです。

ズボンのポケットに入れても膨らまない、小さいカバンに入れても邪魔にならないなど、財布に薄さを求める方に人気が高い。

マネークリップに近い使い方ができて、お札を折らずにそのまま収納して、くるりと留めるデザインとなっています。紙幣は20枚程度が収納可能です。

収納数が限られているため、断捨離的に普段使わないカードは入れず、必要最小限のカードを入れて持ち歩くことができ、中身がスッキリすることができます。

小銭の収納は999円分のコインがぴったり入るサイズに設計されていています。これは使い方次第ですが、レジで支払う時など小銭の枚数を確認しやすいので、かえって使いやすいとの声もあります。

その他に、見た目の珍しさからほかの人と被る機会が少ないので話題のきっかけになるとの声も。

 

薄い財布のデメリット

使い心地に慣れるかどうかはその人次第ですが、デメリットとしては以下を挙げます。

小銭入れがマチのない小さなポケットなので、収納できるコインは15枚ほどです。小銭のおつりが多い場合は財布に入りきれず、結局ポケットに入れるしかありません。また、小銭を小銭入れに入れる時など小銭の整理が面倒に感じることも。

財布を開くとお札が半分ほど見えるデザインとなっているので、お札を財布に出し入れする際には財布の中身が見えやすいので、周りの視線が気になる事も。

カードホルダーは仕切りタイプではなく、重ねてはめ込むタイプなので、普段使う機会が多いのを上にしておかないと出し入れが大変。

また、カードの収納枚数は5枚がベストなので、ポイントカードを沢山使う機会の多い人には向いていません。

 

abrAsus A1101

 

まとめ

アブラサスは世界一の薄さを目指した財布だけあり、フロントポケットにも入るコンパクトな二つ折り財布は、余計なものは持ちたくない、必要最低限のものだけで出かけたいという方には持ってこい。

機能的なデザインが人気を集め、グッドデザイン賞を受賞した、2009年創業の新進気鋭の国産ブランドで、薄さとコンパクトを追及した、カードとコイン入れ箇所が重ならない独特の配置になっているから薄さを保てる優れもの。

小銭入れはキチンと入れる必要のあることやカード枚数に制限あるなど使い慣れるまで大変ですが、使いこなしてしまえばこれほど便利だと感じるようになります。

ミニマルに持ち歩きたいと考えている方は一度チェックしてみてください。

SNSでもご購読できます。