万双の革財布は高い品質と低価格からコスパ最高と言える一品

万双(まんそう)は1995年に誕生した比較的新しいオーダーメイドのレザーブランドで、取り扱い店が無いので馴染みがないかもしれませんが、実は革製品のクオリティの高さは革好きの人々の間ではかなり有名。

オーソドックスで限りないシンプルなデザインから、これぞ日本製の醍醐味とも言える大人が持つ革財布について紹介します。

リーズナブルな価格でも高品質な万双の革財布

出典:https://www.mansaw.net/

アイテム展開ではビジネス系バッグのラインナップが豊富で、特にブライドルレザーを使ったダレスバッグが有名ですが、万双の革財布は、主に牛革と馬革を使用しているようです。

出典:https://www.mansaw.net/

中でもコードバンやブライドルレザーが人気のようで、通常の牛革よりも丈夫で、美しい経年変化を楽しめるのが特徴です。

職人が手作りで一つ一つ心を込めて作っていることから、同じラインナップであっても手作り感がありオーダーメイドの良さが非常に出ているものとして高く評価されており、そのこだわりは、金具まで作ってしまうほど。

 

ブランド名の由来について

実はブランド名には特に理由がなく、空き店舗だったところに入店した際、ここで以前、営業していた店の名前が縁起がいいことを知り、そのまま使用しているそうです。

 

万双独自の菱縫い技術

出典:https://www.mansaw.net/

縫い目がキレイな菱縫いという万双独自の技術で、海外ブランドの財布にありがちなガタついたステッチ処理など一切無し。美しいだけでなく耐久性にも優れています

出典:https://www.mansaw.net/

また、革製品の品質を左右すると言われるほど重要な淵部分のコバもまた、妥協を許さないラインは正確無比なコバ処理なども手間を惜しまず、輪郭が際立つようキレイに磨き上げられており、まるで美しい一枚の壁のような、革の接合面が全くわからない程です。

 

ブランドロゴを刻印しない理由

出典:https://www.mansaw.net/

自身のブランドを広く世間に認知してもらうためにも、商品に刻印や印字したりするものなのですが、

「人様の鞄に自分のブランドの名前が入っているのがおかしいと思うから」とブランドポリシーから、品質で勝負をしているブランドのため、万双の革小物には自社ブランドのロゴを財布に刻印していません。

なので他の財布のように所有感を感じにくいかも知れませんが、派手さよりも落ち着きを求めている人にはおすすめです。

ブランド力で勝負しておらず、良い革を純粋に楽しめることでブランド価値で値上げせず、適正な価格で楽しんでほしいという思いを込めています。

 

万双の財布の安さの秘密について

万双の商品はECサイトでは販売しておらず、上野と神戸にある直営店か、公式サイト内にあるオンラインショップのみの展開となっているため、基本的に直販でしか手に入れることができません。

これは、中間マージンが掛かるセレクトショップやECサイトを通さずに革製品を適正な価格で安く提供したいという思いからよるもの。同じ品質の他ブランド財布と比較しても1万円台からと手ごろな価格で購入できます。

 

財布の購入層について

万双のメンズ財布は年齢層を限らず、幅広い世代の男性に人気のアイテム。何年も使い続けることができ、また、革を育てることができる品質の素晴らしさを考えると、リーズナブルであり、かなりコスパが良いと言われています。

 

独自皮革の双鞣和地

出典:https://www.mansaw.net/

ブライドルレザーはイギリスが発祥ですが、最近では、日本の革メーカーもブライドルレザー製品に力を入れており、良い物が登場してきています。

双鞣和地(そうなめしわじ)は6年以上の開発期間を重ねた万双オリジナルレザーで、オイルやワックスがしっかりと馴染んでいて、他の革には出せないキメが細かくて堅牢な革です。

 

出典:https://www.mansaw.net/

ブライドルレザーの如く表面にワックスが浮いており、革本来が持つしなやかさと堅牢さを引き出すための手間暇を掛けています。日本の気候や湿度などを想定して作られているので耐久性もバツグンで経年変化もしっかりとしてくれます。

ブライドルやコードバンなどの定番も取り揃えられていますが、やはり万双の魅力を知りたければ、この双鞣和地を一度、味わってみるのもおすすめです。

 

双鞣和地 ラウンド長財布

出典:https://www.mansaw.net/

美しいコバ処理と万双独自の上質なレザーの双鞣和地を使用したラウンド財布。双鞣和地は革の厚みを活かして製品化されるので、分厚いレザーは職人によって丁寧に仕上げられていくのが特徴。

出典:https://www.mansaw.net/

ファスナーを開けると両側に、お札入れとカードフォルダー12ヶ所、エアーチケットなどが収納可能なポケットを2ヶ所装備しておりますので収納力は抜群です。

 

コードバン 二つ折り財布(小銭入付)

出典:https://www.mansaw.net/

コードバンは、独特の透明感が魅力的で清潔感があり、革の宝石と呼ばれているだけあり、使えば使うほど艶が出てくるので経年変化が楽しめるの素材と言える。

万双ならではの重量感を感じる普通の財布の3倍の量の革を使って作っており、カラーは2色で展開されています。

出典:https://www.mansaw.net/

スーツやジャケットの内ポケットに入れた際、着ている服のシルエットが崩れないように、計算されて設計しています。

内側はカード6枚とボックス型コインが入るので、使い勝手がいい配置になっています。

 

まとめ

万双では財布に限らず、全ての製品がハンドメイドで生産されていますが、高価なレザーを使用している割に比較的リーズナブルな価格で品質の高い革製品なのが特徴と言える。

その反面、ハンドメイド生産のため製作に時間が掛かり、手に入るまで数か月待つことになる場合があることが不満点と言えます。

その他に、ブランドマークを使っていないことで、ひと目で万双の財布と分かる仕様にはなっていないため、派手なメンズ財布を使いたいという人には不向きですが、

逆に革製品の品質を重視している人や、派手さよりも落ち着きを求めている人にはオススメな財布だと思います。

>>万双公式サイト

SNSでもご購読できます。