ジャケット・アウター・コート

着るほど愛着がわくヴィンテージ感満載のオイルドジャケット

冬のトラディショナルな着こなしには欠かせないアイテムのひとつにオイルドジャケットがあります。

生地の表面に油を塗り込み、表面に光沢や防水性や保温性をもたせた頑丈なジャケットのオイルドジャケットは、ワックスジャケットとも呼ばれています。

しっかりした作りによる本物志向のアウターで、きちんとメンテナンスすれば長年楽しむことが出来ます。

着ている間にオイルが抜けてしまったり汚れを含んだオイル自体がビンテージな風合いになるので、ジャケット全体の経年劣化を楽しむことができます。

ひと昔前まではオイルドジャケットは、匂いがきつく、一部の好き者が好んで着る感じでしたが、最近のものは、オイル臭さはほとんどしないワックスを使っているので、メンテナンス性は格段にあがりました。

続きを読む

シャツジャケットはシャツ感覚で羽織れる春先の注目アイテム

シャツジャケットとは、シャツと同じ素材で作られたジャケットのことを言い、一枚持っているだけでアウターにもインナーにもなる便利アイテム。

シャツ感覚でライトに羽織れるタイプから、シックに着こなせるテーラードタイプまで、シャツの生地が持つ独特な質感や軽さを活かしたカジュアルなテイストになります。

シャツジャケットはスタイルの自由度が高いアイテムでもあるため、自分のお気に入りが見つかるまでとことん探してみるのもオススメ。

続きを読む

メンズ・デニムジャケットの魅力は無骨で格好良いと言える?

 

メンズファッションの定番アイテムなライトアウターとして人気なデニムジャケットのGジャンは、和製英語であるジーンズジャンパーの略称で、その名の通りデニム素材で作られた上着のこと。

Gジャンの歴史は長く、労働者のワークウエアとして1880年代にジーンズ誕生と同時期から存在していたと言われ、労働作業にために作成されたものであるために、丈夫なデニム素材で作られています。

多少手荒に扱ってもOKな気軽さが日常使いには重宝する、3シーズン使える万能アウターです。

続きを読む

春先に羽織るだけでオシャレに見えるメンズのスタジャン

スタジアムジャンパーの略語のスタジャンは、秋冬ファッションの定番アウターとして、どんなアイテムにも合わせやすいアイテムとして老若男女問わず多くの人に親しまれています。

本場アメリカではアワードジャケットと呼ばれている和製英語のスタジアムジャンパーは、メンズファッションアイテムとして定着するようになりました。

もともと野球選手がスタジアムでベンチ待ちをしている選手が体を冷やさないようにユニフォームの上から着ることを前提に作られた防寒具です。

続きを読む

着ているだけでワイルド感満載!ライダースジャケットの魅力

無骨な男らしさを漂わすライダースジャケットは大人のスタイリングを格上げする魅力的なファッションアイテム。

ライダースジャケットの始まりは、もともと戦闘機乗りが着用していたレザーコートから派生したものがバイク愛好家の中で広まり、その後、バイクメーカーが大衆向けのレザーウェアモデルを発表したことからライダースジャケットとして誕生したと言われています。

シンプルなコーデにサッと羽織るだけでおしゃれにキマる、一度着たら手放せない魅力が詰まっています。

続きを読む

ムートンランチコートはメンズの渋さが加わるトレンドなアウター

秋冬の定番アメカジアウターのひとつにランチコートがあります。

名称のランチ(ranch)とは大牧場の意味で、牧場で働くアメリカのカウボーイたちが着る腰丈の防寒用のアウターとして使用していたのが、このコートのネーミングの由来といわれています。

このランチコート、実は和製英語で、本場アメリカでは羊毛を刈り込むという意味を持つ、Shearing Coat(シアリングコート)と呼ばれます。

特徴としては毛が付いた羊の皮を裏返しにして作られたり、裏側や襟元がボアやファーを使った形です。

ただ表地の素材は、デニムやコーデュロイなど色々あり、コーデの幅も広いことから、注目が上がっており、ワイルドで無骨な雰囲気が漂うワークコートであるランチコートは、ストリートスタイルのヘビーアウターとしても有名になりつつあります。

続きを読む

サラッと1枚羽織るだけで様になるメンズのスプリングコート

朝晩中心の適度な防寒が求められる春に着られる薄手のコートのスプリングコートは、寒暖差のあるこの季節に着こなしたいアイテム。

基本的には春先に着るコート類すべてを「スプリングコート」と呼び、季節を攻略するだけでなく、ジャケット感覚でデイリーに羽織れるスプリングコートは大人のカッコよさを引き出してくれるため、暖かくなるにつれ活躍するライトアウター的な役割で春のオシャレにも欠かせません。

続きを読む

ショップコートは押さえておきたい春先のオシャレアイテム

 

季節の変わり目に大活躍するアウターとして、春のメンズコーデに最適なアイテムとして取り入れてほしいのにショップコートがあります。

ショップコートとは、ひざ上ぐらいまで丈がある裏地がないきっちりめなデザインが特徴な薄手のコートを販売員や作業員の制服として着用されてきたワークコートのこと。(エンジニアコートなどとも呼ばれています。)

シャツのように薄くて軽い、コートとシャツのいいとこ取りした様な、春先にさらっと羽織れて、チェスターコートほどかしこまったシルエットではないので、街着としても着こなしやすいカジュアルアウターです。

続きを読む

モッズコートは普段の着こなしに取り入れやすいミリタリーウエア

ミリタリー調の武骨なデザインのモッズコートは、もともとは1951年にアメリカ軍が野戦用の防寒着として採用されたミリタリーアウター「M-51」で、米軍規格(ミルスペック)により規定された正式名称は「PARKA SHELL M-1951」です。

シャープなAラインシルエットでコーディネートしやすく根強い人気です。

M-51がモッズコートと呼ばれるのに、1950年代後半から60年代にイギリスのロンドンや部の新興住宅地に住む若者で流行した音楽やファッションなどのライフスタイルを意味したUKカルチャーのMODS(モッズ)が深く関係しており、

モッズの人々にミリタリーパーカー(M-51)を羽織るのがモッズファッションとなり、これが後にモッズコートと呼ばれるようになりました。

SEIKAI NO OWARIのステージ衣装で着用してたこともあり、モッズコート=セカオワというイメージを持つ人が多いかもしれません。

続きを読む

春先ファッションに着こなしたいコーチジャケットの魅力について

着回し便利でオシャレな春先ファッションの定番アイテムで、和製英語のコーチジャケットは、1980年代?90年代にかけて流行したアメカジファッションでよく取り入れられる、スポーティーな雰囲気を演出できるナイロン製のジャケットで、ラフなスタイルとして気軽にファッションを楽しめます。

ファッションアイテムとして注目されるようになったのは、当時の人気ヒップホップアーティストが好んで着用したことがきっかけといわれています。

シンプルで合わせやすいデザイン性にプラスして、撥水力のあるナイロン素材で機能性にも優れているので、様々なシーンで活躍するということも人気の理由の1つです。

続きを読む